インターネット個別指導塾

コロナウィルスは人間社会の新しい夜明けとしたいですね。

原塾では、緊急事態宣言が発令された日に、1か月の休校を決めました。何よりも命を守りたいからです。生徒さんの命はもちろん、そのご家族、友人知人などの大切な人の命をも守りたいからです。いきなり休校と言われた生徒さんたちには、宿題や毎日の過ごし方などを指導し、先生たちには急遽インターネット授業に切り替えられるよう訓練を始めました。ここ2週間は、生徒さんと実際に使い方を練習し、簡単な授業を行い、これならやっていけそうとの手応えを得ることができました。

コロナで外出できないことを前向きにとらえて、教室に体を運ばなくても授業ができる仕組みを考えました。この新しい試みは、生徒の場所を選ばないことから、世界中の日本人の勉強を支えることができると考えました。もともと原塾では、小学生、中学生、高校生、浪人生、大学生、社会人を生徒として迎えて学習指導を行っております。それはプロの集団だからできることでもあります。

これからの原塾は、インターネットを使った個別指導、つまり画面を通して1対1で、解説・指導して、疑問に答え、問題演習を行い、次回までの宿題を提示します。その際の教材は、生徒さんの様子に応じた最適なものを事前に配送します。

生徒さんに用意していただくものとして、インターネット授業ができる環境を整えてください。

・インターネット回線(通信速度が速い光回線がベストですが、光でなくても大丈夫です)

・パソコン(先生から送られてくる画面を見るもの)                    カメラ付きがベストですが無くても手元カメラがあれば大丈夫)

・手元カメラ(スマホ、ウェブカメラ、タブレットなど)

現在は、ZOOMというソフトを使っています。今後このソフトを変える可能性はありますが、しばらくの間はZOOMで行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。